慌ててデパスではなくバスパー!今後の私の精神薬

デパスとバスパーの違い

■精神安定剤にはどんな種類がある?
抗不安薬は一般的に、安定剤や精神安定剤と呼ばれ、パニック障害や強迫性神経症の治療で使われるものです。
しかし精神障害がなく、日常のストレスや仕事のプレゼン前などに精神安定剤として使用する方の中には、個人輸入で買い、自己摂取する人も多くいることがわかっており、その場合は、自己判断での服用となり、処方薬よりも知識が求められるでしょう。
ここでは、2つの抗不安薬を見ていきますが、作用が弱いために臨床で使われないが副作用が少ない安全面に特化したバスパーという薬を紹介します。

■ベンゾジアゼピン系抗不安剤とは?
厚労省の発表で、デパスが第3種向精神薬に指定されたという話は巷で既に有名ですね。
この薬は安定剤の中ではもっともよく使われる薬の一つで、医療機関においても精神科だけでなく、内科でも処方されることのある抗不安薬です。
この薬の有効成分は「エチゾラム」で、抗不安薬のなかではベンゾジアゼピン系に属します。同じ種類に属すその他の薬としては、商品名「ワイパックス」や「ソラナックス」、「レキソタン」があります。
デパスの特徴としては、同種のベンゾジアゼピン系の中でも最も不安を抑える効果が強く、しっかりと不快な症状を解消することで人気がある点に加えて、その他筋弛緩作用や催眠、抗痙攣作用もあるため、リラックス効果と寝つきが悪い入眠困難の症状にも効果がある点がメリットです。
しかし一方、症状解消作用が強いということは逆に考えると、副作用もつきものといえます。それは依存性と、耐性です。依存性とはその薬を飲まないとイライラ感、そわそわ感に見舞われ居てもたってもいられなくなる状態に陥ることです。そうなると、薬を辞めることが困難となります。次に耐性ですが、徐々に薬の効きが悪くなり、増量しないと効果が出なくなる状態です。これは非常に危険で命にもかかわってきますので、医者からの指示であっても自分で自己の症状を観察しておくとよいでしょう。

■バスパーとは?
もう一つの抗不安薬として、セロトニン1A受容体作動薬という種類です。
その一つである商品名:バスパーは不安への作用はデパスよりも弱く、効果発現が遅いという欠点はありますが、徐々にセロトニン受容体が減少し、徐々にセロトニンのバランスが整えられていくという調整効果があり自律神経失調症への効果も期待できるのです。